9

25(火)

胆振の
明日の天気

晴れ時々曇り

20 / 13

北海道胆振東部地震

ボランティア参加への準備 保険加入の手続きを-白老町社協で受け付け

2018/9/12配信

 胆振東部地震で被害を受けた3町で北海道社会福祉協議会がボランティアセンターを開設したことを受け、白老町社会福祉協議会は10日、ボランティア希望者のための保険加入受け付けを開始した。現地でのボランティア参加には出発地の社協でボランティア保険への加入が必須条件となっており、町社協は「ボランティア希望者は事前に保険加入の手続きをしてほしい」と呼び掛けている。

 町社協によると、道社協が中心となって安平、むかわ、厚真の3町でボラセンを立ち上げた。その準備のための職員派遣要請を受けて10日から町社協職員1人をむかわ町に派遣。現地でボランティアの受け入れ準備を行っている。

 3町でのボランティア受け入れが始まることから、町社協の窓口でボランティア保険の加入受け付けを開始した。ボランティアに参加するには、現地までの移動時も保険が適用されるため、出発地の社協でのボランティア保険加入が条件となっている。保険料は補償額により異なるが、1人500円もしくは710円。保障期間は2019年3月31日まで。

 町社協は今後も状況に応じて職員を追加派遣し、現地でのボランティア活動の支援などに対応していくこととしている。

週間ランキング

集計期間 09/18〜09/25

お知らせ

受付

苫小牧民報社から