9

20(木)

胆振の
明日の天気

晴れ後曇り

21 / 14

白老・胆振東部・日高

松浦武四郎の功績学ぶ 厚真で講演会や足跡たどるツアー

2018/7/10配信

 厚真町は7、8日、北海道命名150年記念事業「松浦武四郎の安都摩(あつま)日誌」の記念講演会と町内での足跡をたどるツアーを行った。参加者は160年前に厚真の地を踏んだ幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)に思いをはせながら、道内の歴史に多大な功績を残した人生に理解を深めていった。

 武四郎は伊勢国(三重県)の郷士(ごうし)の家に生まれた。蝦夷地を計6回探検し、アイヌの暮らしや地名などを克明に記録。北海道や同町の命名に深く関わっている。厚真には1858年に訪れてトンニカ村(町富里)に滞在し、3泊した。その時の様子を「安都摩日誌」に記している。

 講演会は総合福祉センターで7日に開催した。町学芸員の乾哲也さんが「安都摩日誌に見る160年前の厚真」と題して、集まった70人を前に講演。旧暦の6月21日の夜明け前に苫小牧市勇払を出発し、トンニカ村を目指したと説明した。同村で夜食として出されたアイヌ料理のアワ団子がおいしかったと日誌に記載していたことも紹介。講演会終了後にアワ団子の試食会も行われた。

 8日の町内での足跡をたどるツアーには、町民のほかに札幌や苫小牧などから約40人が参加。武四郎が歩いたとされる道をバスで走行したり、むかわに行く際に使用されたとみられる林道を実際に歩いたりしながら160年前の武四郎の思いを感じていた。

 富里地区に武四郎来訪100年を記念して厚真村郷土研究会が建てた石碑も見学した。

週間ランキング

集計期間 09/13〜09/20

お知らせ

受付

苫小牧民報社から