7

18(水)

胆振の
明日の天気

曇り

20 / 16

白老・胆振東部・日高

白老FCの岩本君が意欲 道トレセンU―12にGKで選出

2018/7/9配信

 白老フットボールクラブ(FC)に所属する白老小学校6年の岩本旭陽君(12)が、ゴールキーパー(GK)として北海道トレセンU―12に選出された。苫小牧地区からの選出は岩本君のみ。8月に岩手県花巻市で開催されるJFAフットボールフューチャープログラムトレセン研修会の参加に向け、岩本君は「上手な人の技術をたくさん勉強してきたい」と意気込んでいる。

 岩本君がサッカーを始めたのは小学3年のときに、友人に誘われたのがきっかけ。「点を決めさせなければチームは負けない」とGKの道を自ら選んだ。

 6月15~17日に札幌で行われた北海道トレセンU―12の選考会には、GKで4人が参加。その中から岩本君を含む2人が北海道トレセンの選手として選ばれた。選出が決まり岩本君は「すごくうれしい」と笑顔をこぼしつつも、東日本の各地から北海道を含む16チームが集う大会とあって、「自分よりもうまい人がたくさんいる。技術をたくさん勉強してきたい」と気を引き締める。千葉勝宏監督は「1対1に物おじせず、向かっていくところが最大の売り。頑張ってきてほしい」とエールを送る。

 憧れの選手にドイツ代表のノイヤー選手をあげた岩本君。「中学に入ってもサッカーは続けていきたい。夢はワールドカップに出て優勝することです」と話した。

週間ランキング

集計期間 07/11〜07/18

お知らせ

受付

苫小牧民報社から