12

10(月)

胆振の
明日の天気

曇り時々晴れ

-2 / -4

白老・胆振東部・日高

フラワーセンター移設に理解求める 花とみどりの会が定期総会

2018/4/14配信

 白老町花とみどりの会は12日、町コミュニティセンターで定期総会を開いた。長年、花壇整備など緑化運動に尽力してきた個人9人に功労賞が贈られたほか、花苗の管理や花壇整備などの活動を盛り込んだ2018年度事業計画を承認した。

 総会に当たり森豊吉会長は、今年度、会の設立30周年の節目を迎えることに言及。「発足の5年ほど前に有志の取り組みで始まり、現在まで続いている。まちづくりの一環として続いており、関係者の努力が大きな役割を果たしてきた」と述べ、今後の活動への協力を呼び掛けた。

 戸田安彦町長は、民族共生象徴空間に関連した駅北整備に伴い、会が活動拠点としているフラワーセンターの移設について「現在協議をしており、(移設について)理解してもらいたい」と協力を呼び掛けた。

 議事では、17年度事業・決算報告、18年度事業計画・予算を承認。事業計画には、すでに活動を始めている花苗の育成や管理、花壇整備、会報の発行などのほか、7月にフラワーセンターの移設作業を実施することなどを盛り込んだ。

 また、任期満了に伴う役員改選では、森会長を再選。副会長を現在の4人から5人体制に増員するなどの会則の一部改正を承認した。

 総会冒頭に行われた表彰式では、町内会から推薦のあった個人9人に森会長から功労賞が贈られた。

 受賞者は次の通り。(敬称略)

 池野富枝▽工藤勝子▽吉田武▽宮崎啓子▽千田佳子▽横山重昭▽田口テイ▽長澤耕治▽福光一宏▽佐藤とし子

週間ランキング

集計期間 12/03〜12/10

お知らせ

受付

苫小牧民報社から