10

24(火)

胆振の
明日の天気

晴れ

16 / 8

白老・胆振東部・日高

記録更新へ力走 白老町健康マラソン・ファミリーウォーキング

2017/10/11配信

 第42回白老町健康マラソン・ファミリーウォーキング大会が9日、白老桜ヶ丘公園陸上競技場で開かれた。町内外から約1289人のランナーが集まり、色づき始めた木々に囲まれた道のりを力走した。

 開会式では、今年度の白老町体育協会表彰式が執り行われ、全国優勝を果たした白翔中学校野球部や北海道栄高校陸上競技部、白老水泳協会、白老中学校の生徒たちに表彰状が手渡された。大会開催に当たり、和歌宏侑大会長(白老町体育協会長)は「スポーツ年宣言をしたまちとしてさらなる充実を目指してきたが、年々参加者も増えている。この大会を契機に五輪選手が生まれることを期待したい」とあいさつした。

 このあと、未就学児対象の400メートルトラックを皮切りに競技がスタート。子どもたちの走りに会場内から多くの声援が送られた。また、会場外のロード種目では、家族のほか、地域住民らも沿道から大声で声援を送り、各ランナーたちは練習の成果を発揮し、記録更新や完走を目指して力走した。

 また、苫小牧署の署員が「ランニング・PR・ポリス」として専用のランニングベストを着用して走り、飲酒運転根絶や特殊詐欺被害の防止などを呼び掛けた。

週間ランキング

集計期間 10/17〜10/24

お知らせ

受付

苫小牧民報社から