10

24(火)

胆振の
明日の天気

晴れ

13 / 6

白老・胆振東部・日高

新日本海フェリー「すずらん」でハスカップ綿あめ販売-厚真町観光協会

2017/8/10配信

 厚真町観光協会は11~13日、厚真町にある苫小牧東港周文フェリーターミナルと福井県の敦賀港を結ぶ、新日本海フェリー「すずらん」の船内で厚真産ハスカップ果汁100%のザラメ糖を使った「ハスカップ綿あめ」と町の公式キャラクター「あつまるくん」のグッズなどを販売し、観光PRをする。PRにはあつまるくんも同行。ビンゴ大会、ゲームといった船内イベントも企画されており、厚真町の魅力を多くのフェリー利用者に広く周知していく。

 ハスカップ綿あめは、手ごろな値段で子どもから大人まで広く、ハスカップの味を知ってもらおうと同協会の佐藤照美事務局長が独自研究を重ねて開発。今年のゴールデンウイークに同ターミナルで、連休を北海道で過ごした人たちなどにお土産にしてもらおうと、綿あめを販売したところ、人気を呼んだことが今回の船内PRのきっかけとなった。

 PRは11日午後11時30分に苫小牧港を出発し、12日午後8時30分に敦賀港に到着する便と、13日午前0時30分に敦賀港を出発して同日午後8時30分に苫小牧港に到着する便で行う。製造機も持ち込み、綿あめを作って販売するほか、あつまるくんグッズも紹介。あつまるくんも登場するビンゴ大会、ハスカップおにぎりゲームなどを繰り広げる計画で、同協会の佐藤事務局長は「観光パンフなども使って厚真の売り込みをしてきたい」と話す。

 綿あめは町内外の各種イベントなどで販売されているが、道外でのPRは初めて。同協会によると、綿あめは4月以降、これまでに袋詰めの物が732個、カップ入りが823個販売されているという。

週間ランキング

集計期間 10/17〜10/24

お知らせ

受付

苫小牧民報社から