11

19(日)

胆振の
明日の天気

曇り

1 / -2

白老・胆振東部・日高

今年度も8の付く日に「おはよう」の声掛け 安平早来小と運営協があいさつ運動

2017/4/20配信

 安平早来小学校と同校の学校運営協議会(コミュニティ・スクール)によるあいさつ運動「おはよう!プロジェクト」が今年度もスタートした。毎月8の付く日の朝に、地域の大人と同校の子どもたちが、登校してくる児童を玄関付近で迎えて「おはよう」の一声を掛ける取り組み。18日には、新年度最初のプロジェクトが行われ、子どもたちや地域の人たち、教職員が爽やかに朝のあいさつを交わした。

 学校から地域にあいさつ運動を発信し、大人、子どもが互いに顔が見える地域づくりを進めていこうと一昨年10月に開始。この年の8月に大阪府寝屋川市で発生した中学生男女死体遺棄事件で、中学生が深夜徘徊(はいかい)しても声を掛けたり、注意する大人がいなかったことも一つのきっかけになった。「おはよう」にちなみ、土、日曜日・祝日といった休みにぶつからない毎月8、18、28日の「8の付く日」に実行。学校の保護者や地域と密接に関わる事業は2015年度の胆振管内教育実践表彰受賞にもつながっている。

 今年度初回のプロジェクトとなったこの日は、あいにくの雨だったが、児童や教職員、地域の人たちは傘を差して「あいさつ運動」のたすきを掛けて学校玄関前に立ち、登校してくる子どもたちに「おはよう」の声を掛けた。登校してくる子どもたちも元気いっぱいにあいさつを返していた。また、今回からは学校前だけでなく、安全指導も兼ねて、教職員や地域の人が通学路にも立った。子どもたちとあいさつも交わしながら通学する児童の姿を見守っていた。

週間ランキング

集計期間 11/12〜11/19

お知らせ

受付

苫小牧民報社から