2

21(木)

胆振の
明日の天気

晴れ一時雪

4 / 0

千歳・恵庭

タウンプラザ12月に改装オープン 千歳のまちなか活性化に一役

2016/9/14配信

 新千歳空港ターミナルビルを運営する北海道空港(HKK、千歳市美々)は13日、千歳市中心街の商業施設「千歳タウンプラザ」(幸町)の改装計画を明らかにした。館内に屋内型パークゴルフ場や図書館、子供向けの遊具広場などを整備する。改装オープンは12月23日を予定。集客力を高め、中心街活性化に役立てる。

 タウンプラザは地下1階、地上3階建てのビル。HKKが土地と建物を所有し、関連会社セントラルリーシングシステム(札幌市)が運営している。工期は14日~12月中旬を予定し、工事中も鮮魚、青果などテナントの営業や中心街コミュニティーセンターの運営を継続する。施設名は変更しない。総事業費は非公開。

 HKKの計画では、地下1階に全18ホールの屋内型パークゴルフ場(有料、午前9時30分~午後4時)を整備する。

 1階には図書館「まちライブラリー」(無料、午前10時~午後8時)とカフェ(有料、午前10時~午後8時)を設ける。蔵書数は5000冊を予定し、利用者からの寄贈で順次増やす。運営は一般社団法人まちライブラリー(大阪市)に委託する。

 またフリーマーケットなどのイベント向けに貸し出す「マーケットプレイス」と、事務用として貸し出すレンタルスペース(いずれも有料、午前10時~午後8時)も整備する。レンタルスペースは個人利用のほかに、異業種間でオフィス空間を共有する「コワーキングスペース」としての利用を想定している。

 2階には「キッズパーク」(有料、午前10時~午後5時30分)を整備し、多数の遊具やボールプール、三輪車サーキットを導入する。

 HKKは当初、夏の改装オープンを見込んでいたが、テナントとの調整や事務手続きに時間を要したため冬にずれ込んだ。タウンプラザは昨年3月以降、運営継続に重大な影響を及ぼす設備トラブルが生じない限り閉鎖を先延ばしする「暫定運営」を続けているが、改装後もこの方針を継続する。簡易な補修や保守点検は今後も続ける。

 HKKは「地域コミュニティーの創出と中心街活性化につながる機能をタウンプラザに取り入れ、まちなかににぎわいを生むスペースとして市民に利用してほしい」と話している。

週間ランキング

集計期間 02/14〜02/21

お知らせ

受付

苫小牧民報社から