7

17(火)

胆振の
明日の天気

曇り

23 / 17

千歳・恵庭

花野菜、今季営業スタート 地場産品並ぶ

2016/4/2配信

 恵庭市南島松の道と川の駅・花ロードえにわにある農産物直売所、花野菜(かのな)が2日、今年の営業をスタートした。初日は営業開始前から長蛇の列ができ、恵庭かのな協同組合の桑山正人理事長は「今年は10年目の節目。さらに良いものを届けたい」とアピールしている。

 花野菜は2007年の開業以来、利用客と売上高が右肩上がり。14年まで任意団体で運営していたが、信頼アップなどにつなげようと、15年に同組合を設立して運営している。今年は農家68戸体制で、シーズンインはこれまでで最も早く、営業日数も11月27日まで240日間と最長。

 初日は市内外から買い物客が殺到し、オープンも10分ほど早めて対応。店内にはコマツナやホウレンソウなど地場の葉物野菜をはじめ、春の香りがするフキノトウ、野菜鉢や花の苗がずらりと並び、訪れた人は買い物籠いっぱいに野菜などを詰め込んだ。

 市内から訪れた池田玲子さん(69)は両手に買い物袋を下げ、「地場産のものが安くて新鮮。週1回は訪れます」とにっこり。桑山理事長は「10年目の節目もこれだけのお客さまに支持されて始めることができた」と喜び、「地元の旬をお届けしたい」と話していた。

 3日までオープンセール。3日は500円以上買い物すればタマネギをプレゼントする。営業時間は午前9時~午後5時。詳細は花野菜 電話0123(36)2700。

週間ランキング

集計期間 07/10〜07/17

お知らせ

受付

苫小牧民報社から