7

17(水)

胆振の
明日の天気

曇り後一時雨

20 / 16

千歳・恵庭

道南バス、千歳に参入 「勇舞空港線」10月から運行

2016/3/9配信

 道南バス(室蘭市、石橋博信社長)が千歳市内のバス路線に参入する。市が10月の路線再編に合わせて新設する路線「勇舞空港線」で運行する。市によると、同社が千歳市内の路線に参入するのは初めて。市内の路線で運行するバス会社は千歳相互観光バス(千歳市)、北海道中央バス(小樽市)に続き3社目。

 勇舞空港線は新千歳空港と新興住宅街の勇舞地区をJR千歳駅前経由で結ぶ路線で、同社と千歳相互観光バスが共同運行する。運行便数やダイヤなどは今後決める。

 勇舞地区は近年の宅地開発で人口が増加。市は同地区のバス利用を増やす狙いから路線を新設し、道南バスが市の協力要請に応じた。新千歳は昨年、乗降客が初めて年間2000万人を超えるなど外国人観光客を中心に利用者が増加。市は「空港利用者を市内中心部に誘導する効果に期待したい」(企画部)と話す。

 石橋社長は「千歳市の路線再編に協力したい。勇舞地区の人口も空港利用者も増えているので需要はあると思う」と話している。

 市の計画では、現在の12路線を10月から14路線に再編する。総便数は現在より30便増の347便とする予定。また通勤通学時間帯(始発~午前9時、午後3~8時)は17便増の185便に増便し、利便性を高める。

週間ランキング

集計期間 07/10〜07/17

お知らせ

受付

苫小牧民報社から