1

21(月)

胆振の
明日の天気

晴れ時々雪

-3 / -6

千歳・恵庭

ご当地怪獣キャラクター「タマゴノドン」誕生-千歳

2015/10/14配信

 千歳の観光を盛り上げよう―と、全道一の生産量を誇る千歳の鶏卵をモチーフにしたご当地怪獣キャラクター「タマゴノドン」が誕生した。

 広告代理店の第一通信社(東京)が全国各地で展開する「ご当地怪獣シリーズ」から生まれた、千歳の新しいキャラクター。造形家でテレビ東京TVチャンピオン・フィギュア王選手権で優勝した寒河江弘氏と脚本家の村井さだゆき氏が制作した。白い体に黄身の形をした腹が特徴。身長55メートル、体重はニワトリにちなんで2万8000トンという。

 「タマゴノドン」にはストーリーもある。北海道にニワトリ族の守り神タマゴノドンがいて、大地の活力を養鶏場に送っているという。ある日、新千歳空港で子供たちがふざけて卵を割ると地底からタマゴノドンが現れる。旅客機を母親と思い込み追い掛けて飛ぼうとするが飛べず、大暴れする―。

 「タマゴノドン」はゆるキャラと一線を画す北海道初のご当地怪獣の第1号。同社によると現在、全国47都道府県に52体誕生している。

 千歳商工会議所は「千歳の新しい観光資源として印刷物などに活用し発信したい。まちの活性化のため大暴れしてほしい」と期待している。

週間ランキング

集計期間 01/14〜01/21

お知らせ

受付

苫小牧民報社から