9

17(火)

胆振の
明日の天気

晴れ後一時雨

24 / 16

千歳・恵庭

道の駅サーモンパーク千歳・サケのふるさと千歳水族館グランドオープン

2015/8/8配信

 「道の駅サーモンパーク千歳」(千歳市花園2)の地域振興施設(センターハウス)とサケのふるさと千歳水族館が8日午前9時、グランドオープンした。両施設とも開館時から大勢の市民や観光客でにぎわった。

 女性や子育て世代をターゲットにした明るく開放的なセンターハウスは5日にプレオープン。3日間で約1万人が来場した。一方、地域性を全面に掲げる千歳水族館も夏休み入りした7月25日に先行オープン。今月7日まで14日間の来館者は3万3989人に上るなど、両施設とも好調な出足となった。

 8日午前9時、大勢の市民らが見守る中、センターハウス玄関前で山口幸太郎市長があいさつ。「明るく機能的な道の駅が完成した。水辺空間を楽しみながら魚たちと触れ合って学習してほしい」と両施設のオープンを喜んだ。滝沢順久千歳商工会議所会頭ら関係者13人とテープカットを行いオープンを祝った。

 サーモンパーク千歳では道東の厚岸、根室湾中部、釧路の3漁協が直売市を店開き(9日まで)。サンマやカキ、ホタテなど鮮度抜群の魚介類を求める人たちで混雑した。

 市内の50代男性会社員は「(センターハウスは)にぎわっていてわくわくする。サケのシーズンに向かって盛り上がっていくと思う」と語った。

 イベント広場では、地元のインディアン水車通り商店街振興組合が「市民ふれあい広場」を開催。焼き鳥などの模擬店や音楽ステージ、フリーマーケットを催しグランドオープンを盛り上げた。

週間ランキング

集計期間 09/10〜09/17

お知らせ

受付

苫小牧民報社から