1

16(水)

胆振の
明日の天気

曇り時々雪

-1 / -3

千歳・恵庭

恵庭・東宝シネマ8が5月末閉館へ

2015/2/17配信

 恵庭市戸磯の複合映画施設(シネマコンプレックス)、恵庭・東宝シネマ8が5月末の閉館を検討していることが明らかになった。運営する北海道東宝(本社札幌市)は「何もお答えできない」としているが、関係者の一部には同所から撤退する意向を伝えており、正式に決まり次第発表すると見られる。

 同シネコンは2000年7月にオープンし、東宝シネコンの道内初進出として注目を集めた。その名の通り八つのスクリーンを持ち、座席数は約1500席を誇る。カウボーイ(当時)が床面積約4400平方メートルの施設を建て、テナント入居の形で同東宝が運営してきた。

 恵庭では唯一の映画施設で、郊外型シネコンの先駆け的存在として市内外から利用があったが、05年に苫小牧でシネコン・ディノスシネマズ苫小牧が、11年に新千歳空港で映画館・ジャガぽっくるシアターがそれぞれオープンするなど、近隣でも競争は激しくなっていた。

 隣接する大型ショッピングセンターもカウボーイからトライアルに移行し、現在は空き店舗が目に付くなど環境が変化。今春には恵み野里美で郊外型複合商業施設・フレスポ恵み野のオープンを控えるだけに、シネマ8が撤退して跡地が有効活用されなければ、同所の集客力の低下は避けられない。

週間ランキング

集計期間 01/09〜01/16

お知らせ

受付

苫小牧民報社から