1

19(土)

胆振の
明日の天気

曇り後一時雪

2 / -2

千歳・恵庭

甲羅が黄色いスッポンも サケのふるさと館に中川水族館

2013/8/1配信

 千歳サケのふるさと館に、「しょこたん」の愛称で知られるタレントの中川翔子さんが飼育する「中川水族館」のカメたちが引っ越してきた。特設コーナーで来館者の人気を集めている。甲羅が黄色いスッポン(アルビノ)やミドリガメ、レザーバック(カブトニオイガメ)など3品種10匹を展示している。

 中川さんは、千歳川にインディアン水車を設置した道の初代水産課長、伊藤一隆さんの子孫。北海道を訪れた時には、サケのふるさと館に立ち寄っているという。

 カメは中川さんのブログに登場しており「大勢の皆さんに見てほしい」と中川さんから依頼があったという。「中川水族館」が千歳に引っ越したこともブログに紹介されているという。

 展示されているのは、突然変異でメラニン色素がないスッポンのアルビノ。全身が黄色で背中の骨が透けて見える。長時間、砂に潜っており「姿を目にした人は幸運」という。

 甲羅の中央が盛り上がってかぶとのように見えるレザーバック(カブトニオイガメ)など、かわいいカメたちがずらり。

 訪れた苫小牧あおば幼稚園の鈴木菜々ちゃん(5)は「カメって見るのは初めて。かわいい」と話していた。

週間ランキング

集計期間 01/12〜01/19

お知らせ

受付

苫小牧民報社から