9

16(月)

胆振の
明日の天気

晴れ

25 / 18

千歳・恵庭

エア・ドゥ乗員、高校生とダンプレ 新千歳に元気な音色響く

2019/9/10配信

 AIRDO(エア・ドゥ)は8日、札幌国際情報高校吹奏楽部と共に踊りを組み合わせた器楽演奏「ダンプレ」を新千歳空港で披露した。客室乗務員(CA)と操縦士の計3人が高校生43人と息の合ったポップスを奏で、空港利用者に元気あふれる音色を届けた。

 今月20日の「空の日」にちなんだイベント「スカイ&オータム ドリームフェスタ2019in新千歳空港」の一環。ダンプレは「ダンス&プレー」の略。3回目の今年はCAの織田映子さん(36)、新矢理恵さん(33)=共にバイオリン担当=、初出演の操縦士の畑中広司さん(35)=サックス担当=が出演した。2回公演で「勝手にシンドバット」「ダイアモンド」を1曲ずつ協演した。

 会場の国内線ビルセンタープラザでは居合わせた観衆が手拍子や拍手を送った。千歳市北斗の主婦北部一恵さん(44)は「すてきな演奏だった。また来年もあれば見に来たい」と話した。

週間ランキング

集計期間 09/09〜09/16

お知らせ

受付

苫小牧民報社から