8

26(月)

胆振の
明日の天気

晴れ時々曇り

23 / 15

千歳・恵庭

子育て支援拡充へ えにわっこすこやかプラン改定準備進む

2019/7/17配信

 恵庭市は「えにわっこすこやかプラン」(2015~19年度)の改定準備を進めている。6月には子育てなどに関するニーズ把握に向けた実態調査を行っており、それらの結果を新たな保育定員の見込み数や各施策に反映させる。今年10月下旬に素案をまとめ、来年3月までに第2期プランを策定する見通しだ。

 同プランは市総合計画の個別計画の位置付け。子ども・子育て支援法と次世代育成支援対策推進法に基づき、子育て支援事業の体制整備、提供体制の確保方策、サービスの見込み量などを記載している。具体的には「子供の健やかな成長を応援」「子育てをする全ての家庭を応援」など六つの基本目標を柱に、97の施策を盛り込む。計画の中間年度となる17年度に見直した19年度の保育定員総数は2275人を見込みで、確保人数は2398人。

 5年に1度の改定に向けた今回の実態調査は未就学児と小学生の保護者3000人が対象。子育て環境や保護者の就労状況、教育・保育事業の利用状況のほか、幼児保育料の無償化による就労の意向などに関して設問を立て、未就学児の保護者は79項目、小学生の保護者は33項目の構成。今月10日の締め切りまでに全体の半数に上る1523人から回答を得た。

 次期プランには産後の休業や育児休業後の円滑な施設利用などについて記載するほか、政府が改定の指針案で示している、教育・保育に関する専門性を有する指導主事や幼児教育アドバイザーの配置、外国人の幼児への対応策なども盛り込む方針。

 市は9月中旬までに新たな保育ニーズの見込み数などを算出し、次期プランの素案を10月にまとめる。11月に市社会福祉審議会の児童福祉専門部会に報告し、年明けにはパブリックコメント(意見公募)を実施する運びだ。

週間ランキング

集計期間 08/19〜08/26

お知らせ

受付

苫小牧民報社から