8

17(土)

胆振の
明日の天気

晴れ時々曇り

27 / 19

千歳・恵庭

スカイビア&YOSAKOI祭盛況 祭り満喫、笑顔で乾杯、仲間とわいわいビール味わう

2019/7/15配信

 「2019スカイ・ビア&YOSAKOI祭」(同実行委主催)が13日に開幕し、会場の千歳市役所駐車場には大勢の市民が来てにぎわいを見せている。

 15日までの3日間開催。家族や職場の仲間同士などが座ったテーブル席では飲食ブースで購入したさまざまな料理が広がり、製造各社のビールの味わいを楽しむ人たちの姿が目立った。

 市内勇舞の公務員男性(50)は「ビールのおいしい季節がやって来た。きょうは、とことん飲みます」と笑顔で話していた。

 呼び物となっているYOSAKOIソーラン千歳トーナメントでは出場チームの演舞が14日夜までパワフルに繰り広げられた。主催者発表によると初日は2万人、2日目は2万1000人の人出となった。

 最終日の15日午前は曇りながら気温20度台付近で風もなく穏やかな天気。会場には家族連れやグループなどが訪れ、祭りのムードを楽しんでいた。

親善大使らご当地PR 空路交流都市プロモーション

 2019スカイ・ビア&YOSAKOI祭の会場では13、14の両日、千歳市の姉妹都市となる米国アンカレジ市のミス・アンカレジ、マイレ・ジョンストンさんら5地区から来た親善大使らによる「空路交流都市プロモーションステージ」が行われ、それぞれご当地の観光スポットや特産品を紹介した。

 13日は6人が登壇。ミス・アンカレジのジョンストンさんと同じく姉妹都市の鹿児島県指宿市第8代いぶすき菜の花レディ川畑麻衣さん、空路交流都市からは仙台国際空港の所在地、宮城県名取市の名取市観光物産協会の内野檀さん、茨城県から茨城空港応援大使の羽石真梨さん、いばらき夢ガイドの柴田真帆さん、栃木県からはとちぎおもてなしメイツの鎗田景子さんの顔触れ。

 このうちジョンストンさんは、アンカレジ大で生物学を専攻する3年生。2019年ミス・アラスカにも選ばれ、20年のミスアメリカの栄冠に挑む。「姉妹都市50周年の記念すべき年に千歳に来ることができて光栄に思います」と語り、アラスカの山岳地や湖、氷河、野生動物などを紹介して「美しさが凝縮したアンカレジにぜひ訪れてほしい」と呼び掛けた。

 川畑さんは、最高級のかつお節「本枯節」生産とオクラ、ソラマメの生産は日本一と紹介。天然の砂蒸しぶろは、発汗と血行を盛んにするデトックス効果があるとアピールしていた。

週間ランキング

集計期間 08/10〜08/17

お知らせ

受付

苫小牧民報社から