7

18(木)

胆振の
明日の天気

曇り時々雨

21 / 17

千歳・恵庭

機敏に動き消火、救助 千歳消防本部と消防団、そなえーるで総合訓練

2019/6/17配信

 千歳市消防本部と千歳市消防団は14日、2019年度市消防職・団員訓練市長査閲を市防災学習交流センター「そなえーる」で実施した。消火や救助、救急などの各分野で総合訓練に取り組み、機敏な動きで日頃の訓練成果を披露した。

 山口幸太郎市長が統監として職員と団員の練度を確認する行事。今年は計約200人、車両11台が参加した。

 査閲は組織の規律と団結力を整列や行進で示す消防団の小隊訓練で開始。小型ポンプとポンプ車を使った放水訓練では団員同士が声を掛け合ってホースを接続し、火元に見立てた的を水で倒した。

 職員の救助隊はビル清掃作業員の意識不明事案を想定。命綱を着けた隊員が高さ15メートルほどで宙づり状態の要救助者の人形を抱え、他の隊員が滑車を用いた「倍力システム」で救出した。救急隊員は器具による気道確保や医薬品投与などを模擬実演。最後はマンション火災を想定し、酸素を封じ込める薬剤の泡を噴射。はしご車を交えた一斉放水で締めくくった。

 講評で山口市長は「日頃の訓練成果を十分に発揮していた。市民の生命と財産を守るため、これからも精励してほしい」と述べた。

週間ランキング

集計期間 07/11〜07/18

お知らせ

受付

苫小牧民報社から