9

15(日)

胆振の
明日の天気

曇り後時々雨

23 / 19

千歳・恵庭

「美笛川の河口からの支笏湖湖畔の絶景」が受賞 クールジャパンアワード・ナショナルパーク部門

2019/6/10配信

 一般社団法人クールジャパン協議会(京都市)がインバウンド(訪日外国人旅行者)を魅了する日本の景勝地や商品などを選ぶ「クールジャパンアワード2019」(経済産業省など後援)対象53件を発表した。千歳市から「美笛川の河口からの支笏湖湖畔の絶景」がナショナルパーク(国立公園)部門で受賞。市は訪日客の呼び込みに当たり、同湖の魅力発信に生かしたい考えだ。

 東日本大震災をきっかけに日本の文化や情報を海外へ広めるため、15年に始まった取り組み。外国人審査員100人が訪日観光客の目線で「クール(格好いい)」と感じたものを自薦他薦で発掘し、8割以上の賛成で認定する。今回で3回目を迎え、一般部門とナショナルパーク部門で全国から307件の応募が寄せられた。

 各地の国立公園を対象に絞り込んだ同部門は、今回から新設された。事務局によると、「日本の誇るべき自然の宝庫であり象徴」として注目したという。全国で対象12件が認定され、支笏湖の受賞者となった千歳市には5月に通知が届いた。事務局は審査の公正性の観点から応募数や推薦者を非公表としている。

 この景色を見られる美笛川河口は美笛キャンプ場から3分ほど岸辺を東へ歩いた先にある。市観光事業課によると、これまで景勝地として推奨した経験はほとんどないという。それだけに同課は「支笏湖で訪日客が共感するポイントがまだまだあると気付かされた」と驚きつつ喜ぶ。

 受賞した自治体や企業は協議会独自の認定マークを無期限かつ無償で使用できる。桜の絵に英語で「クールジャパンアワード」と記したデザインだ。同課は19年度新設の企画部シティセールス部門と協議し、観光パンフレットやホームページなどに活用したい考え。

 表彰状の伝達は後日行われる予定。市の担当者は「道内外に支笏湖の自然の豊かさを伝えられる。観光客にはお気に入りの場所を探してもらいたい」と意気込みを語る。近くの美笛キャンプ場を管理する森利夫さん(74)も「千歳として誇りになる」と笑顔を見せた。

 道内では他に一般部門で夕張メロン(夕張市と同市農業協同組合)、ナショナルパーク部門で屈斜路湖湖畔温泉とキャンプ場(釧路管内弟子屈町)が認定を受けた。

週間ランキング

集計期間 09/08〜09/15

お知らせ

受付

苫小牧民報社から