12

12(水)

胆振の
明日の天気

曇り時々晴れ

1 / -2

千歳・恵庭

科技大中期目標案一部修正へ 「達成すべき数値」追加-千歳市

2018/12/5配信

 千歳市は、2019年4月に公立化する千歳科学技術大の6年間にわたる教育の方向性を掲げる「中期目標案」の一部を修正する。人材育成と地域貢献の目標実現のための項目として「達成すべき数値的目標」を新たに加える。4日に行われた千歳科学技術大の公立大学法人化に関する調査特別委員会(佐々木雅宏委員長)で修正案のたたき台を示しており、精査を経た修正案を10日の第4回定例会本会議に提案する見通しだ。

 中期目標案は11月30日の同委員会で明らかにしている。当初案は二つの基本的な目標の達成に向けて個別目標を設定し、それらを実現することで入学定員の確保や科学研究費助成事業の採択率の向上、希望者の就職率100%達成などを毎年達成していく―とする構成だった。

 ただ委員から数値に関する目標を強調するべきとする声や財務運営改善への言及を求める指摘が相次いだことを受け、市は本来予定していた第4回定例会の本会議初日(3日)での提案を見送り、有識者らで構成した評価委員会の意見を踏まえた修正案を作った。

 修正案のたたき台では、新たな項目として「入学定員を確保し、21年度以降継続して収容定員の充足を図る」「不断の経営努力による健全経営を目指す」といった文言を加えた。このうち収容定員に関しては1~4年生全学年の定員が満たされるのは最も早くて21年度になる―との予測から「21年度以降継続して」と表記した。

 中期目標案は第4回定例会で議決される見通し。その後、大学側は達成に向けた具体策となる「中期計画案」をまとめて市に提案するという。

週間ランキング

集計期間 12/05〜12/12

お知らせ

受付

苫小牧民報社から