12

12(水)

胆振の
明日の天気

曇り時々晴れ

1 / -2

千歳・恵庭

科技大公立化、来月末にも認可へ 自衛隊体制強化の要望継続-千歳市議会定例会開会

2018/12/4配信

 千歳市議会の第4回定例会が3日、開会した。山口幸太郎市長が行政報告し、千歳科学技術大の公立化について「11月13日に道に対し公立大学法人設立認可申請書を提出しており、来年1月末頃までに認可されることを見込んでいる」と述べた。

 自衛隊の体制強化を求める活動について山口市長は、今月中旬に「防衛計画の大綱」と「中期防衛力整備計画」が決まることに触れながら「引き続き積極的な要望活動を続ける」と述べた。

 宮崎肇教育長も教育行政報告を行い、「国指定史跡キウス周堤墓群」を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録に向け、今後も関係自治体と連携していくことを強調した。

 定例会初日に提案されたのは2018年度定期監査など報告3件のほか、18年度一般会計補正予算案など議案10件。

 このうち一般会計補正予算案は、9月の台風や地震による農家の再建支援を行う経営安定化対策事業費、災害復旧事業として国に了承された福神道路災害復旧事業費、長都駅前広場再整備事業費などに2億1500万円を追加し、一般会計総額を403億5400万円とした。

 病院事業会計補正予算案は、乳がん検査機器更新のため3900万円を追加し、総額2億2200万円とする。両案の審査は7日に行う補正予算特別委員会に付託した。

 議案では、19年4月に公立化する千歳科技大に係る重要な財産を定める条例の制定案の審査を同大の公立大学法人化に関する調査特別委員会に付託した。

 このほかの付託は基本構想策定で議決が必要なことを明記する千歳市総合計画条例の制定など2件(総務文教常任委員会)、リフト料金を設定する市民スキー場設置条例の一部改正案など2件(産業建設常任委員会)、千歳市霊園、墓地及び合葬墓条例の一部改正案など2件(厚生環境常任委員会)となった。

 国の人事院勧告を受けた市職員の給与に関する条例の一部改正案は、議決を急ぐため委員会への付託を省略し原案通り可決した。第4回定例会の会期は14日まで。

週間ランキング

集計期間 12/05〜12/12

お知らせ

受付

苫小牧民報社から