9

26(水)

胆振の
明日の天気

曇り

17 / 14

北海道胆振東部地震

仮設店舗で弁当販売開始 新千歳の土産物店2店

2018/9/11配信

 新千歳空港の土産物店スカイショップ小笠原とスノウショップは11日午前、国内線ターミナルビル2階センタープラザに仮設店舗を設置し、弁当販売を開始した。空港利用者は開店と同時に続々と買い求めていた。

 新千歳では地震の影響を受けほとんどの飲食、物販店のシャッターが下りている。利便性を少しでも向上させるため、管理会社の新千歳空港ターミナルビルディングとの協議を経て今回弁当販売を決定した。仮設店舗の設置期間は未定。

 豚重、ウニ、海鮮、牛肉の弁当4種類のほか、水やお茶なども販売。弁当は各店舗1日200食用意し、それぞれ商品がなくなるまで営業するという。

 スカイショップ小笠原運営会社の小笠原航社長は「空港従業員も食事ができる場所が少ないので、助けになれば」と言い、スノウショップの廣重秀格社長は「大変なときなので利用者は減少しているが、安心して空港に来てほしい」と話していた。

週間ランキング

集計期間 09/19〜09/26

お知らせ

受付

苫小牧民報社から