11

21(水)

胆振の
明日の天気

曇り一時雪

6 / 2

北海道胆振東部地震

新千歳、国際線が再開 国内線の9割運航回復

2018/9/8配信

 胆振東部地震の影響を受けていた新千歳空港は8日午前、国際線の運航を開始した。国土交通省新千歳空港事務所によると出発と到着の合計で91便を運航する予定で、出発ロビーは多くの旅客でごった返した。国内線は約9割の便が運航予定で、航空機の運航状況は回復に向かう見通しだ。

 国際線ターミナルビルは飲食店や物販店など一部を除き、午前6時に開放。バンコクから乗客・乗員120人を乗せて飛び立ったタイエアアジアX便が9時15分ごろに到着し、運航が再開した。3階の出発ロビーは旅客が長蛇の列を作り、搭乗手続きを待っていた。

 国内線は「9割方運航は元に戻っている」(同事務所)。航空各社によるとANAは出発と到着の合計で140便、JALは92便を運航する予定だ。

 同事務所によると同日の欠航便は、午前9時現在で出発と到着の合計で36便。このうち国内線は35便、国際線は1便。

 空港ビルでは7日から8日にかけて約1200人が空港に滞留した。管理会社の新千歳空港ターミナルビルディングは、午後8時から毛布を配布するなどして対応。空港ビルは地震当日の6日は水漏れなどで終日閉鎖され、7日は国内線の運航再開により出発・到着ロビーが供用され、旅客で混雑していた。

週間ランキング

集計期間 11/14〜11/21

お知らせ

受付

苫小牧民報社から