8

18(土)

胆振の
明日の天気

曇り時々雨

23 / 17

千歳・恵庭

長雨、日照不足が生育に影落とす 千歳市、市議会が農作物状況調査

2018/8/10配信

 千歳市と千歳市議会産業建設常任委員会(松隈早織委員長)は9日、2018年度の農作物生育状況調査を行った。長都の「けーあいファーム」、東丘の「箱根牧場」、泉郷の「ファーム花茶」の畑などを回った。

 この日の調査には、山口幸太郎市長、千歳市議会の古川昌俊議長、産業建設常任委員会の松隈委員長、石狩農業改良普及センターの竹内稔所長ら28人が参加した。

 けーあいファームを訪れた一行は、降雨の中、ニンジンとブロッコリーの畑を視察した。同社は千歳と苫小牧に農場を有し、千歳では50ヘクタールにニンジンやブロッコリー、キャベツ、小麦など6種類の野菜を栽培する。

 五十嵐重明代表は「春の干ばつ、その後の長雨と日照不足の影響で作物の生育は厳しい。道内他地区に比べると何とかやっている」と説明。「ニンジン、ブロッコリーともあと1カ月で収穫できる」との見通しを示した。

 この後の2カ所の調査でも、7月上旬までの多雨と日照不足が、農作物の生育に影を落としていることが各農家から報告された。

週間ランキング

集計期間 08/11〜08/18

お知らせ

受付

苫小牧民報社から