11

21(水)

胆振の
明日の天気

曇り一時雪

6 / 2

千歳・恵庭

20団体13校に栄誉 第51回花壇コンクール表彰式

2018/2/13配信

 恵庭市花いっぱい文化協会(池永允子会長)は10日、第51回花壇コンクールの表彰式を開いた。一般の部、学校の部の各賞を受賞した20団体と13校に、協会役員や協賛団体の代表者から表彰状と記念品が贈られた。

 池永会長は冒頭のあいさつで、半世紀以上に及ぶ同コンクールの歴史を振り返り「会員の皆さんの協力のおかげでここまでやってこられた」と感謝を表し、2年後の協会設立60周年へ向けて決意を新たにした。

 来賓の原田裕市長、笹松京次郎市議会議長も祝辞を述べ、「花のまち恵庭」を創り上げてきた同協会の活動と、コンクール参加団体の貢献をたたえるとともに、花のまちづくりの一層の発展を願った。

 式典の中で受賞者インタビューが行われ、一般の部最優秀賞を受賞した黄金南曙ひまわり会の環境美化部長・小出憲さん(62)が「常に花に手を掛けていることが大事。公園に散歩に来る人が花壇の花を褒めてくれると、苦労してやってきて良かったと感じる」と、花壇づくりの喜びについて語った。

 学校の部最優秀賞の恵み野小学校は、児童会長の八島憧有(とうあ)君がビデオメッセージを寄せ、「朝早く学校に来て雑草を抜いたり、水やりをしたりするのが大変だった」と苦労を語った。同優秀賞の恵庭中も、生徒会長の上田渚紗さんがインタビューに答え、「最初は何もなかった土が色とりどりの花で染まっていくのがうれしかった」と語った。

週間ランキング

集計期間 11/14〜11/21

お知らせ

受付

苫小牧民報社から