11

15(木)

胆振の
明日の天気

曇り後一時雨

14 / 8

千歳・恵庭

台湾で恵庭の魅力PR 観光招致へ商談セミナー

2018/1/12配信

 恵庭市は台湾の台北市で独自の観光招致活動を進めている。昨年12月19日には現地で旅行会社などを集め、教育・観光交流商談セミナーを開いた。市経済部の担当者と市内の教育・観光関係事業者が修学旅行や一般の団体・個人旅行向けに恵庭の魅力をPRした。
 
 恵庭市が台湾でセミナーを開いたのは2016年11月以来2回目。前回は企業誘致や投資促進が目的だったが、今回は初めて観光の分野に特化したプレゼンテーションや商談を行った。
 
 台湾の旅行会社など37社から56人が参加。穂積邦彦教育長が恵庭の魅力について、空港に近い位置関係、雪遊びができる北海道の気候や、道産食材の豊富さなどの面から紹介。市内小中学校の教育についても説明した。
 
 えこりん村、ルルマップ自然公園ふれらんど、恵庭市郷土資料館、余湖農園、島田農園、北海道ハイテクノロジー専門学校、恵庭日台親善協会も参加。それぞれプレゼンテーションに臨んだ後、ブースに分かれて個別の商談を行った。恵庭観光協会のマスコットキャラクター「かりんちゃん」も登場し、会場を盛り上げた。
 
 参加した台湾企業の反応も上々。今月から西島松のルルマップ自然公園ふれらんどに台湾からの団体ツアー旅行客が訪れているが、2年前のセミナーがきっかけとなって誘致につながった。昨年12月に台湾からの修学旅行生が初めて恵庭を訪れたのも同様だ。
 
 市商工労働課の担当者は「セミナーで興味を持ってもらい、実際に来て見てもらったことが誘致につながった。今回のセミナーもまた来年以降のツアーにつながっていくことを期待している」と手応えを語った。

週間ランキング

集計期間 11/08〜11/15

お知らせ

受付

苫小牧民報社から