7

16(月)

胆振の
明日の天気

曇り

24 / 17

千歳・恵庭

ご当地アイドル・小娘、東京でライブ 道外単独初、千歳の魅力伝えたい

2018/1/5配信

 千歳市のご当地アイドル「小娘(シャオニャン)」が8日に東京で単独ライブを行う。2004年に結成してメンバーが代替わりしながら活動を繰り広げ、市内外イベントで歌唱やダンスを披露してきた。現在は7人グループ。道外では初となる都内単独ライブに臨むメンバーは「千歳や北海道の良さを伝えてきたい」と張り切っている。

 千歳をテーマにした歌を歌う「千産千唱アイドルユニット」として札幌近郊を中心に年間約100ものステージをこなしている。14年には全国各地のアイドルが、パフォーマンスを競う「熱闘アイドル甲子園」に本道代表として出演。16年3月には、シングルCD「花園、、、快感!」(岸田典大作詞・作曲)を全国発売。これまで練習場所としていた千歳市花園町内会館のイメージソングとなっており、歌詞には「花園、ここには人のやさしさがある」「花園、花園、道の駅がリニューアル」などと地域のの情報が多数盛り込まれている。また、同じCDには千歳のインディアン水車のイメージソングといった楽曲も収録されている。

 現在のメンバーは10歳(小4)~21歳の7人。東京でのライブは選抜した5人で行う。7、8の両日、東京の池袋、秋葉原、浅草橋でライブを行い、8日にはアイドル専用劇場「東京リンクスホール」(台東区)で単独ライブを行う。シャオニャンのプロデューサーの前山恭子代表は「千歳の文化面をアピールするため、ご当地アイドルの日本一を目指して活動していきたい」と展望を語る。

 リーダーのかんなさん(21)は「町内会のイベントなどで千歳の人の優しさに感動する。歌詞に乗せて、千歳の良さをアピールしたい」と意気込み、中学3年のりょうかさん(15)は「東京はアイドルのライブが多く、ファンの見る目も厳しいと思う。自分たちを応援してもらえるよう頑張りたい」と話している。

週間ランキング

集計期間 07/09〜07/16

お知らせ

受付

苫小牧民報社から