8

18(金)

胆振の
明日の天気

曇り時々晴れ

22 / 18

千歳・恵庭

「千歳の女」普及へ 9月初セミナー

2017/8/12配信

 千歳を題材にした歌謡曲「千歳の女(ひと)」を普及しようと、作詞、作曲、歌い手の市民3人による初のセミナーが9月12日と15日、千歳市真町の千歳公民館で開かれる。2014年に曲が完成して以来、16年にカラオケ配信サービスに登録されるなど、じわじわと人気が高まっている同曲。3人は「ご当地ソングとして定着させたい」と意気込んでいる。

 同曲は作詞家文月まさるさん(74)=本名菊地勝さん=が作詞、あわさきよしのぶさん(69)=粟崎義信さん=が作曲・編曲。14年に北海道作詩家協会の発表会に合わせ、千歳をPRしようと作った。川島つとむさん(69)=川島勉さん=が歌を担当してCD化し、町内会の行事などで徐々に定着。16年にカラオケ配信サービスのジョイサウンド、ウガに登録されて”全国区”になった。

 セミナーはそんな同曲をさらに浸透させようと初めて企画。3人が作詞、作曲、歌い手それぞれの立場から同曲への思いを語る他、一緒に歌ったり、歌の指導をしたりと、参加型で楽しめる内容にする。

 希望者にはCDやDVDも焼き増ししてプレゼントする。

 粟崎さんは「(同曲は)乗りの良い演歌で、誰でも歌いやすいご当地ソング」と強調。歌詞は「瀬音間近な清水町」など千歳にちなんだ内容が特徴とあり、「多くの人が覚えて、いろんなところで歌ってくれたら、地元の盛り上げにもつながる」と期待している。

 セミナーは参加無料。定員は各日30人。参加は、2日間通しが基本だが、希望日のみも可能。9月5日まで先着順で受け付ける。

 申し込みは同公民館 電話0123(23)2740。

週間ランキング

集計期間 08/11〜08/18

お知らせ

受付

苫小牧民報社から