7

22(土)

胆振の
明日の天気

曇り一時雨

24 / 20

千歳・恵庭

千歳商議所がリフォーム券 耐震、空き家改修に優先枠

2017/2/16配信

 千歳商工会議所は3月3日から2017年度の「ちとせプレミアムリフォーム券」の購入申し込みを4月21日まで受け付ける。発行総額は、10%のプレミアム分を含め1億1000万円。2000円のプレミアム分が付く額面2万2000円券を5000枚発行する。事業期間は2018年3月30日まで。

 申し込みは、購入希望の市民または登録業者(建設業法に分類される市内の建設関連業者)が行う。申込時には工事見積書やリフォーム前の現場写真の提出が必要となる。リフォーム券の購入限度は耐震改修と空き家の改修が各50枚。その他リフォーム工事は25枚で、購入は1世帯1回限りだ。4月1日以降の工事が対象となる。

 申し込みが多数の場合は4月25日に抽選を行い、当選者に引換証を発送する。リフォーム券の販売は4月28日から5月31日まで。

 事業内容の主な変更点は(1)耐震改修工事に10件分(500枚)、空き家の改修工事に20件分(1000枚)の優先枠の設定(2)申し込み多数の場合は抽選するが、今回は耐震改修工事、空き家の改修工事、その他のリフォーム工事の順番で抽選する(3)千歳市が無料の簡易耐震診断を行う。耐震改修が必要と認められた住宅は改めて木造の耐震診断するように簡素化(4)空き家の要件を緩和し、現に居住者のいない戸建て住宅とする―など。

 プレミアムリフォーム券事業は2011年にスタート。今年で7回目。住宅のリフォームや戸建て住宅の耐震化促進、空き家対策への活用で定住促進の需要を喚起するのが狙い。慢性的な労働者不足や原材料の高騰で厳しい経営環境下の建設業振興と地元経済の活性化を図る。プレミアム分の財源1000万円は千歳市が負担する。

 今月9日、建設関連の登録事業者を対象に千歳商工会議所で説明会を開催。事務局が優先枠など変更点を説明した。登録事業者は千歳市内に事業所があり、建築業法に分類される住宅リフオームや板金、左官、塗装、電気工事、造園、給排水などの事業者。2月9日現在の登録事業者は87社。4月21日まで登録を受け付けている。

 16年度は耐震化改修の利用がなく、空き家改修の利用は1件だった。

週間ランキング

集計期間 07/15〜07/22

お知らせ

受付

苫小牧民報社から