6

22(金)

胆振の
明日の天気

晴れ時々曇り

24 / 14

支笏湖日記

ヒメマス釣り解禁 身は程よく脂乗り美味

2018/6/8配信

 6月1日、待ちに待った「ヒメマス釣り」が解禁となりました。私は早起きしてヒメマスが水揚げされる支笏湖北西岸・ポロピナイに行ってきました。釣り舟や釣り人でたいへんにぎわっていました。

 毎年、初日の水揚げの様子を見せてもらいますが、揚がってきたばかりの銀色でお姫様のような顔立ちをしているヒメマスとの対面で「きれい」ではなく、「おいしそう」と言ったのは今回が初めてでした。「食い意地の張ったやつ」と思わず自分を笑いましたが、私の体はヒメマスのうまさを覚えているんだと、誇らしくも感じました。

 ヒメマスはベニザケの湖沼残留型で味は折り紙付きです。清涼な湖水で育まれた身は程よく脂が乗り、美味です。たくさんの方々に賞味していただきたいです。私も、命をくれたヒメマスと湖と、その環境に感謝しながら今年もおいしく「モリモリ!」といただこうと思っています。

 1日に感じたポロピナイの活気のおかげで、私は季節の変化をしっかりと自覚できました。穏やかな春はいつの間にか終わり、気付けば初夏でした。これから夏にかけては、さらにスピード感を伴って自然が変化していくでしょう。遅れないでついていこうと力をみなぎらせることができました。

 また先日は、周囲の山に登り、花を楽しんできました。樽前山では黄色い花のウコンウツギと、ぼんぼりのような白い花を付けるイソツツジが競うように咲いていました。イワヒゲの小さくてかわいらしい花も見られました。恵庭岳の麓では黄色いスミレが登山者を出迎えるように咲いていて、どんどん登ると気品を醸し出すように咲くツバメオモトや薄紫色で華やかな印象を持つシラネアオイに出合うことができました。

 支笏湖温泉園地ではヤマツツジがとてもきれいです。ナナカマド、アズキナシ、シウリザクラの白い花が見頃で、チョウや虫が集まりにぎやかな雰囲気です。エゾハルゼミも大合唱しています。生き物の活気が満ちている元気いっぱいの支笏湖。どうぞみなさんも遊びに来てヒメマスを含めた支笏湖の自然を楽しんでください!

(支笏湖ビジターセンター自然解説員 吉田香織)

週間ランキング

集計期間 06/15〜06/22

お知らせ

受付

苫小牧民報社から