8

18(金)

胆振の
明日の天気

曇り時々晴れ

22 / 18

ウトナイ湖サンクチュアリレンジャー通信

夏のウトナイ湖の楽しみ方 夏鳥との出合い、花や虫もお薦め

2017/8/4配信

 8月に入り、夏景色のウトナイ湖には、多くの方が自然散策に来られています。

 会話を交わした際、「今、湖にハクチョウやカモはいますか?」という質問を受けることがよくあります。そのような時は、「この時期は、水鳥がほとんどいないんです」とお答えします。

 苫小牧市と言えばハクチョウ。市内の上空を飛ぶ群れを見たことがある方も多いと思います。ウトナイ湖で多くのハクチョウが見られるのは、主に春と秋。繁殖地と越冬地を行き来する途中に立ち寄ります。渡り鳥のオオハクチョウやコハクチョウは、夏はロシアで子育てをしているため、今の時期は、湖に姿が見られません。何かの理由で繁殖地へ渡ることのできなかったオオハクチョウや、飼われていた個体の一部が野生化したコブハクチョウが十数羽見られる程度です。少し寂しさを感じるかもしれませんが、今だからこそ楽しめる自然がたくさんあります。

 まずは、春から夏にかけて渡来し、繁殖していた夏鳥たちです。すでに子育ては終盤を迎えており、美しいさえずりは聞かれませんが、林の中では、黄色が目立つ雄のキビタキや、餌を探して地面をつつくクロツグミなど、また草原では、紅色が鮮やかな雄のベニマシコなどに出合えるかもしれません。

 花や虫を見るのもお薦めです。ホザキシモツケのピンク色の花が咲いていたり、その周りでフタスジチョウがひらひらと舞っていたり、鮮やかなだいだい色に目玉のような紋のクジャクチョウなどが見られることがあります。そして、現在咲き始めているナガボノシロワレモコウを食草とするゴマシジミもこれから出現します。晴れた日に、湖に映る青空を眺めるだけでも、爽やかな夏を感じられると思います。

 さて、そんなウトナイ湖での、夏のイベントのご紹介です。ウトナイ湖野生鳥獣保護センターでは、8月20日(日)までの土・日曜日と祝日「ウトナイ湖・夏のウォークラリー」を開催します。また、ネイチャーセンターでは、8月27日(日)に「外来植物バスターズ」を開催します。詳しくは、それぞれ開催されるセンターへお問い合わせください。皆さまのご参加をお待ちしております。

(日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリ・和歌月里佳レンジャー)

週間ランキング

集計期間 08/11〜08/18

お知らせ

受付

苫小牧民報社から