9

26(水)

胆振の
明日の天気

曇り

17 / 14

フォトアーカイブ-苫小牧市制70年

(34)スポーツ都市宣言 1966(昭和41)年

2018/8/14配信

 1966年11月12日、苫小牧市は全国の自治体で初めてスポーツ都市宣言を行った。

 市民1万5000人が2チームに分かれ、プラカードを先頭に東小から旧勇払街道までの約4キロを歩く「市民総歩け歩け運動」や音楽パレードなどで式典に彩りを添えた。この年には札幌冬季五輪の72年開催も決まっており、スポーツによるまちづくりを市民総出で祝福した。東小校庭で、当時の大泉源郎市長は「スポーツを通じて健康でたくましい心と体をつくる」と宣言した。

 この年の日本

 6月国民祝日法改正で10月10日が体育の日となる。7月広島原爆ドームの永久保存を決議。12月丙午(ひのえうま)で20世紀最少の出生数。

週間ランキング

集計期間 09/19〜09/26

お知らせ

受付

苫小牧民報社から