8

21(水)

胆振の
明日の天気

曇り

21 / 18

ふるさとネイチャーらんど

タカ捜索にカラスの動向

2019/1/28配信

錦大沼公園へ出掛けてみよう

 苫小牧市内の錦大沼公園は、樽前山麓にある大小多数の湿地の中で最も出掛けやすい湿地です。園内には「大沼」「小沼」と名付けられた沼があり、沼の周囲には森林や湿原、小川などがあり、散策路が整備されています。車で出掛ける時はオートリゾート苫小牧アルテンを目指し、バスで出掛ける時はJR苫小牧駅前から「ゆのみの湯」行きのバスを利用するとよいでしょう。

1月下旬の錦大沼公園

 大沼、小沼の水面が凍った公園は静まり返り、何もいないように思われますが、沼の周囲の森林を散策するといろいろな野鳥や動物に出合うことができます。小さな野鳥を狙うオオタカ(大鷹)などに出合うこともあります。

目の周りに黒い模様

 オオタカはカラスより一回り大きく、国内で繁殖するタカの中では、クマタカに次いで大きな種類で、体が大きなところから名付けられました。ちなみにタカの仲間で野鳥を獲物にする種類は、雄よりも雌の方が大きい傾向にあり、オオタカも雌の方が大きくて貫禄があります。幼鳥や若鳥は全身茶褐色で地味ですが、成鳥になると目の周りにサングラスのような黒い模様が表れ、頭から背中、翼にかけて青みのある灰色になります。

タカの観察

 オオタカが生息しているのは、平地から亜高山帯の林や、丘陵地の針葉樹林や混交林です。生息数の少ないタカの仲間を観察するのは難しく、特に春から夏にかけては、見つけることさえ至難の業です。

 しかし、冬から早春にかけては山地に獲物が少なくなるので、食べ物を求めて平地の林や市街地に姿を見せるようになるため、観察しやすくなります。

 平地に下りてきた時に探すこつは、カラスの動きを観察することです。カラスはワシやタカ、フクロウなどの猛禽(もうきん)類が嫌いで、姿を見つけると群れを成して追い掛け回す習性(モビングと言います)があります。カラスが群れで騒いでいたら、猛禽類が近くにいる可能性が高くなります。カラスは猛禽類にとって厄介物ですが、タカを観察するバードウオッチャーには、よいガイド?になります。

森の狩人

 ワシやタカの仲間は、南極大陸を除く広い範囲に生息している昼行性の猛禽類で、種類によって生息環境や食べ物が違います。森に生息するオオタカの食べ物は、主に中型の野鳥ですが、時にはカモの仲間やキジ、さらにネズミやウサギなどの哺乳類を襲うこともあります。

 森の中の樹間を縫うように飛び回って狩りをすることが多いオオタカは、小回りや急旋回ができるように、かじやブレーキの役目をする尾羽は長くて幅が広く、翼は体に比べて小さくできています。また、その目には物を見るための細胞が人間の8倍以上あり、視力がとても優れていています。獲物を捕るために使う武器は足で、獲物の急所を一撃して殺します。そのため足や指は、タカの中でも太くて大きく、爪も太くて鋭くとがっています。

ウトナイ湖の御神渡

 御神渡(おみわたり)とは、凍った水面の一部が盛り上がって連なったように見える現象です。長野県の諏訪湖はよく起こる場所として有名で、御神渡という名前は、琵琶湖を女の神様に会いに出掛けた男の神様の跡として付けられたそうです。ウトナイ湖でも、厳しい寒さが続いた後、気温が上がり氷が動くと、見られることがあります。写真は2015年の1月に撮影したものです。この時は北岸から南岸に向けてつながる御神渡が見られました。

週間ランキング

集計期間 08/14〜08/21

お知らせ

受付

苫小牧民報社から