11

21(水)

胆振の
明日の天気

曇り後一時雪

6 / 2

高齢者施設めぐり

(6)特別養護老人ホーム・アポロ園 みとり介護に力入れる

2018/6/25配信

 社会福祉法人山手の里が運営する、特別養護老人ホームアポロ園。軽費老人ホームアドーネス園や山手キューピット保育園と同じ敷地内にある。

 同園では高齢者が安らかに過ごせる環境づくりに力を入れており、中でも近年はターミナルケア(みとり介護)に注力している。家族や職員に見守られながら穏やかに最期を迎えたいと願う高齢者が多いことから、医療機関との密な協力・連携体制を構築。介護スタッフもみとりの知識とスキル向上に努めている。

 夕食前には飲み込みを手助けするため、「えんげ体操」を毎日行っている。介護スタッフの声掛けで、入居者が一斉に舌を前に突き出したり、頬を大きく膨らませたりすることで飲み込みに必要な筋力を刺激し、食べ物が気管に入ってしまうことで引き起こる誤嚥(ごえん)を防ぐことが目的。高齢者の健康意識も高く、毎日全員で意欲的に取り組んでいるという。

 定員は50人。4人部屋が中心で、従来型個室も2室備える。利用料金は収入や介護度に加えて部屋によって異なっており、例えば要介護4・多床室で、世帯の中に市民税の課税者がいるなどして軽減措置がなく、1カ月当たりの高額サービス費の自己負担上限額が2万4600円の人の場合は月額9万3420円。

 メモ
 ▽園長・大沢貢さん
 ▽所在地・苫小牧市山手町1の12の3
 ▽連絡先・アポロ園 電話0144(74)8377。

週間ランキング

集計期間 11/14〜11/21

お知らせ

受付

苫小牧民報社から