9

19(水)

胆振の
明日の天気

晴れ時々曇り

24 / 16

高齢者施設めぐり

(1)特別養護老人ホーム・陽だまりの樹 ユニット型の個室 手厚い見守り

2018/4/9配信

 苫小牧市の社会福祉法人陽樹会が運営する、特別養護老人ホーム「陽だまりの樹」は2016年9月開所。市内でも比較的新しい特養で、大きな特徴はユニット型の個室でプライバシーを守りながらも手厚い介護を受けられる点。定員は50人。

 個室の広さは17・7平方メートルで、トイレや洗面台も設置されている。入浴も1人ずつの対応で、体を動かすことが不自由な人向けの機械を使った浴室も設けるなど、介護をする側とされる側の負担を軽減した機能もできる限り取り入れている。

 現在はほぼ満室となっており、入所者は80代後半が中心で介護度の平均は4・1程度。ショートステイも対応している。宮川直樹施設長は「開所から1年半がたち、ようやく軌道に乗ってきた。今後は、より施設の特徴が生まれるような取り組みを行いたい」と話す。

 食費や居住費などを含めた基本的な利用料金は、1カ月当たり(30日間換算)5万6083円~13万1885円(1割負担時)。世帯の中に市民税の課税者がいるなど軽減措置を受けない場合は、12万2983円(要介護1)~13万1885円(同5)。ここから収入などに応じて軽減措置を受けることができる。



 超高齢化社会を迎え、介護などが必要になっても安心して暮らし続けることができる施設へのニーズが高まっている。特別養護老人ホーム、ケアハウス、グループホーム、サービス付き高齢者住宅など、各施設の特徴を紹介する。毎月第2・4月曜掲載。

 メ モ
▽施設長・宮川直樹さん。
▽所在地・苫小牧市元中野町2の3の3
▽連絡先・陽だまりの樹 電話0144(33)2818。

週間ランキング

集計期間 09/12〜09/19

お知らせ

受付

苫小牧民報社から