5

24(金)

胆振の
明日の天気

晴れ

21 / 11

日胆・石狩 ダム探訪-絶景を楽しもう

(1)なだらかな美しい石積み 安平町・瑞穂ダム

2019/4/29配信

 瑞穂ダムは、水田・畑作を中心とした地域の農地に安定した農業用水を供給する国営かんがい排水事業により建設されたダム。安平町一帯の農業の合理化、生産性向上のため利用されている。

 ダムに向かうには車で国道234号を苫小牧方面から岩見沢方面に北上し、安平町安平地区の市街地に入る。国道を右折して農耕地帯を横切る道道瑞穂安平停車場線を進むと、ダムに至る。ダム外側の斜面に記された大きな「瑞穂ダム」の銘板が印象的だ。ダム前面には芝生広場が広がり、駐車場と散策路がある。広場では例年、地元有志が植樹祭を実施。周辺にはサクラの木もあるので、これからの季節は花見も楽しめそう。

 ダム横に設けられた道を進むと、ダム全体を見渡せる高台の草地に出る。水をせき止めるためにダム本体にびっしりと並べられた石の数の多さに圧倒され、その石壁のなだらかな曲面の美しさに魅了される。ダム湖内部は、茶色い水で満たされている。

 この水が安平町の農耕地帯に行き渡って、われわれの食料となる米や野菜が生産される。

【メモ】

 所在地は安平町早来瑞穂。道開発局が所管している。勇払川水系支安平川をせき止めた農業用水を目的としたロックフィル式のダム。高さ約26メートル、幅427メートル。ダム湖名は瑞穂貯水池。1982年着工で、98年に完成した。



 胆振、日高、石狩地方にある地域の農業や工業、飲料水確保、発電などのために活躍するダムを紹介する。現地を訪れる際は、立ち入り禁止場所には絶対に入らず、足場の悪い場所への注意が必要。

週間ランキング

集計期間 05/17〜05/24

お知らせ

受付

苫小牧民報社から