3

2(火)

主要

未利用魚 捨てるなんてもったいない 子ども食堂に無償提供へ 食育、地産地消にも 苫漁協

2020/7/2配信

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は今月、地元で水揚げされた魚を苫小牧市内の子ども食堂に、無償提供するプロジェクトをスタートさせる。市場に流通せずに捨てられる「未利用魚」を有効活用する。年間800キロ程度を提供する方針で、カレイを中心に…

この続き:819文字
ここから先の閲覧は有料です。

続きを読むには、ログインまたは新規会員登録(有料)をしてください。

はじめてご利用の方 会員登録申し込みへ
30日間の無料期間あり 電子版会員 2,000円/月(税込)※新聞購読者は1,000円

苫小牧民報のニュース・イベント・釣り・おくやみなど地域情報をWebで網羅。
電子版会員はすべての記事が閲覧可能。記事のお気に入りクリップ機能や紙面ビューアーも利用できます。

こんな記事も読まれています

紙面ビューアー
ニュースカレンダー

週間ランキング

集計期間 02/23 〜 03/02

受付

苫小牧民報社から

クリップ保存しました
マイページへ
クリップ削除しました
マイページへ
会員登録するとクリップ登録機能が使えます。
詳しくはこちら