7

4(土)

胆振の
明日の天気

曇り時々晴れ

20 / 16

未来へ~アイヌ文化の担い手たち

(6) 米澤(よねざわ) 諒(りょう)さん(26) シラウォイクンネ実行委員長 異なる二つの民族ルーツ 多文化共生の世の中に

2020/1/11配信

 昨年12月中旬、白老コミセンで開いたイベント「第3回フチ・エカシのお話」の司会進行役を務めた。話者は、地元でアイヌ語教室を主宰する大須賀るえ子さん(79)。50歳でアイヌ語を学び始め、教室を開くまでになった歩みについて、参加した町民40人…

この続き:1,268文字
ここから先の閲覧は有料です。

この記事は電子版会員のみ閲覧可能です。モバみん会員様は閲覧できません。

続きを読むには、ログインまたは新規会員登録(有料)をしてください。

はじめてご利用の方 会員登録申し込みへ
30日間の無料期間あり 電子版会員 2,000円/月(税込)※新聞購読者は1,000円

苫小牧民報のニュース・イベント・釣り・おくやみなど地域情報をWebで網羅。
電子版会員はすべての記事が閲覧可能。記事のお気に入りクリップ機能や紙面ビューアーも利用できます。

こんな記事も読まれています

(4)国立アイヌ民族博物館設立準備室(34) 押野(おしの) 朱美(あけみ)さん 民族共生象徴空間運営本部文化振興部 秋山(あきやま) 里架(りか)さん(34) 姉妹で文化に触れ成長 認め合う意識、多くの人に伝えたい

 かゆを「サヨ」と呼び、山に入る前には木に米や酒などを供え、祈りをささげる。  むかわ町で伝承者として活動する祖母吉村冬子さん(93)の影響もあって、幼い頃…

(4)国立アイヌ民族博物館設立準備室(34) 押野(おしの) 朱美(あけみ)さん 民族共生象徴空間運営本部文化振興部 秋山(あきやま) 里架(りか)さん(34) 姉妹で文化に触れ成長 認め合う意識、多くの人に伝えたい
紙面ビューアー
ニュースカレンダー

週間ランキング

集計期間 06/27 〜 07/04

お知らせ

受付

苫小牧民報社から

クリップ保存しました
マイページへ
クリップ削除しました
マイページへ
会員登録するとクリップ登録機能が使えます。
詳しくはこちら