主要

苫小牧の真壁さん ミュージカル「赤毛のアン」に出演

(2017年 5/13)

「赤毛のアン北海道公演」に出演する眞壁さん

 苫小牧市明野新町の眞壁響さん(10)=明野小5年=が、8月13~24日、札幌を皮切りに全国8カ所で繰り広げられるミュージカル「赤毛のアン」の北海道公演(札幌市教育文化会館)に出演することが決まった。オーディションを通過して満面の笑みの眞壁さんは「とにかく笑顔で頑張りたい」と意気込んでいる。

 ミュージカルは、日用品メーカーのエステー(本社東京、鈴木貴子社長)が主催。主人公アン・シャーリー役を演じる美山加恋さん(20)らプロの役者と共演する役者を募集するため、4月1日に札幌市教育会館でオーディションが行われた。

 オーディションには、道内外から34人が参加。ダンス審査を通過した25人は、歌唱審査を経て17人まで絞られ、最終的に眞壁さんを含む13人が出演を決めた。眞壁さん宅には4月28日に合格通知が届き、両親や弟と家族みんなで喜んだという。

 眞壁さんは市内のダンススタジオ「J DANCE STUDIO Step’s」(門田千恵代表)に小学2年時から所属。同スタジオは例年、「赤毛のアン」への出演者を生徒の中から輩出しており、眞壁さんは「昨年の公演を見て、自分もぜひ参加したいと思った」と言う。

 オーディションでは、3人の審査員が見守る中、歌と踊りを披露。これまで緊張することはなかったという眞壁さんだが「(公演当日は)緊張するかも」とにっこり。週2回のスタジオレッスンで、発声や柔軟体操など基本動作の練習に励む日々だ。

 舞台では、アンの友人ダイアナの妹ミニー・メイの友人役を務める。7月28~30日には、東京で2泊3日の合宿稽古に臨む。眞壁さんに指導をしている門田さんは「プロの役者さんたちと共演できる貴重な機会。多くのことを学んで成長の糧にしてほしい」と活躍に期待を寄せている。



PAGE TOP