スポーツ

その他のスポーツ

白老白翔が初の栄冠 啓明下し7月の全道へ-中学軟式野球苫支部予選

(2017年 5/8)

圧巻の強さを見せ、苫小牧支部の頂点に立った白翔

 中学年代の第34回全日本少年軟式野球北海道大会苫小牧支部予選(道軟式野球連盟苫支部主催)の最終日は7日午後、とましんスタジアム(市営緑ケ丘球場)で決勝を行った。白翔が8―0で啓明に快勝し、初優勝。7月14~17日に富良野市などで開催される全道大会の出場権を獲得した。

 大会は4~7日の4日間にわたって行われ、苫小牧と白老、安平など14チームによるトーナメントを展開。決勝戦後の閉会式で道軟式野球連盟苫支部の澁谷敏昭支部長は両チームの健闘をたたえ、「これからの大会に向けて、保護者や関係者の皆さんの期待に応えられるよう、さらに練習を重ねて頑張って」と期待を掛けた。

 ▽決勝
白 翔0030212=8
啓 明0000000=0



PAGE TOP