主要

ウトナイ湖に渡り鳥 ハクチョウやガン飛来ピーク

(2016年 10/18)

秋の渡りでウトナイ湖に飛来したガンやハクチョウ

 苫小牧市のラムサール条約登録湿地ウトナイ湖が、秋の渡りの水鳥でにぎわいを見せている。日本で越冬するため、ロシア方面から飛来したハクチョウやガンなどが次々に湖に立ち寄り、長旅の羽を休めている。

 日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリ・ネイチャーセンターによると、9月上旬から天然記念物のヒシクイやマガンが姿を現し、10月に入ってからはコハクチョウやオオハクチョウも到着。湖で休息を取った後、本州の越冬地を目指し、次の中継地へ再び飛び立つ光景が連日続いている。

 多い日には約1500羽のマガンやヒシクイがウトナイ湖に集まり、湖上でダイナミックな編隊飛行を繰り広げる場面も。秋の深まりに伴い、水鳥の飛来数はさらに増えそうだ。ネイチャーセンターのレンジャーは「今は多くの渡り鳥が観察できるチャンス。この季節ならではバードウオッチングを楽しんでもらいたい」と話した。



PAGE TOP