白老・胆振東部・日高のニュース

【白老】復興祈り被災地でカムイノミ 白老町の訪問団仙台へ

(2012年 3/3)

雪の中行われた白老町の訪問団の「カムイノミ」。復興への祈りをささげた

 白老町の訪問団が2日、東日本大震災で大きな被害を受けた姉妹都市・仙台市を訪れ、アイヌ民族の古式にのっとり、犠牲者の霊を慰めた。

 町とアイヌ民族博物館の一行18人。一行は市内の仮設住宅や寺院など、市内各地を訪れ被災者を見舞った。宮城野区蒲生(がもう)地区の公園では雪が降りしきる中、博物館職員らがアイヌの民族衣装に身を包み、厳かに鎮魂の儀式を行った。仮設住宅の集会施設では被災者に民族舞踊も披露。一緒に踊りの輪をつくり交流を繰り広げた。

関連記事

powered by weblio