千歳・恵庭のニュース

新千歳国際線ターミナルビルにアイヌ文化紹介コーナー開設

(2012年 1/28)

新千歳空港国際線ビル内で伝統のアイヌ古式舞踊を披露

 外国人観光客に知ってもらおうと、アイヌ文化紹介コーナーが27日、新千歳空港国際線ターミナルビル2階に設置された。これを記念し、アイヌ古式舞踊や伝統楽器の演奏も披露。アイヌ民族の伝統文化に、外国人観光客も注目していた。

 アイヌ文化振興・研究推進機構が設置主体。これまでは国内線ターミナルビル3階のエアサイド側に設置していたが、工事区画の対象になり、装いを新たに国際線に移設。常設展示する。

 展示はアイヌ文様をあしらった伝統衣装ルウンペやマキリ(小刀)、イタ(盆)など14点。たばこ入れやシナノキで出来たアイヌ文様を彫刻したレリーフのほか、アイヌ文化を紹介する外国語のリーフレットも用意された。

 記念イベントでは、アイヌ民族博物館(白老町)のスタッフが伝統衣装に身を包み、ムックリ(口琴)や弦楽器のトンコリを演奏。ユネスコ無形文化遺産でもあるアイヌ古式舞踊を披露すると、観光客らが足を止めて写真を撮り、ビデオカメラを向けるなど関心を寄せていた。

 出席した北海道アイヌ協会の加藤忠理事長は「海外の人にもアイヌ文化を知ってもらい、北海道観光にも寄与できれば」と話していた。

関連記事

powered by weblio