茶葉、コーヒーかすを燃料に

廃棄物でバイオコークスを製造する実証実験がスタート
 次世代のバイオ・リサイクル固形燃料「バイオコークス」の実用化に向け、近畿大学(東大阪市、世耕弘昭理事長)が恵庭市南島松の大学資源再生研究所内で準備を進めていた量産実証実験センター(センター長、宗像恵副学長)が22日、開所した。脱化石の高炉用代替燃料の量産化テストを重ね、2009年度からの実用化を目指す。
 バイオコークスは、飲料水製造工場などから大量に廃棄される茶葉、コーヒーかすなどの身近な植物由来廃棄物を原料に製造する燃料。石炭コークスに代わる安価で安定供給でき、二酸化炭素排出の削減につながる脱化石燃料として実用化に期待が高まっている。これまでの実験で、石炭コークスの20%代替が可能で価格も石炭コークスの1トン10万円に比べ7万円前後と割安だ。
 近畿大は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成で、三菱重工環境エンジニアリングと共同研究に取り組んできた。今後、近畿大理工学部の井田民男准教授ら3人が常駐。道内企業から茶葉などの提供を受け、製造時間短縮など量産化や鋳造炉での燃焼実験を行う。08、09年度の2カ年で総事業費2億7000万円。
 直径100ミリのバイオコークスは、乾燥した茶葉やコーヒーかすを180度で20分間、16トンの高圧をかけて製造。食糧を転用するエタノールと異なり、原料は光合成に由来するすべての生物資源。もみ殻、ジャガイモの皮、稲わらなどの廃棄物を100%活用できる点が強み。循環型社会に形成にも役立つ。
 宗像センター長は「地球温暖化で国内外が期待する脱化石の代替燃料。森林資源が豊富な北海道での研究課題に全力で取り組み、09年度には実用化を図りたい」と話している。三菱重工環境エンジニアリングの久保田浩次長は「市場が求める価格での量産化が事業化の分岐点。可能なら製造販売の会社設立も選択肢」との見解を示した。
 

キガラシでサミット歓迎地上絵

 北海道洞爺湖サミット(G8)参加国の首脳が、国内の第一歩を印す新千歳空港。「地上絵でお迎えしよう」と、千歳花の地上絵実行委員会(委員長・藤本聖美千歳青年会議所理事長)が発足した。道によると、アウトレットモール・レラの駐車場に、黄色の花を付ける緑肥の「キガラシ」で北海道の地上絵を描くという。
 実行委は千歳青年会議所、千歳観光連盟、千歳市、アウトレットモール・レラ、道のほか、NPO法人ガーデンアイランド北海道などがメンバー。
 地上絵を描くのはアウトレットモール・レラの未舗装駐車場1ヘクタール。道内の農家が地力回復肥料として使用している緑肥のキガラシで北海道を描く。道経済部観光のくにづくり推進局は「黄色のキガラシで描かれる北海道は素晴らしいはず。G8やJ8の文字も描こうという計画もある」と話している。
 5月7日にも地元農業者の協力を得て土起こしを行い、10、11日に市民のボランティア参加で種をまく予定。7月には見事な地上絵が完成しそうだ。
 

新千歳空港でテロ対処訓練
逃走しようとするテロリストを逮捕
 北海道洞爺湖サミットに向け、函館税関、札幌入国管理局、道警本部合同のテロ対処合同訓練が22日、新千歳空港で行われた。
 3機関合同では初めて。テロリストが新千歳空港から入国を図った事態を前提に、▽入国審査場でのテロ情報者確認▽爆発物発見時の通報と避難、誘導▽旅客の避難、誘導と旅客に紛れ込んだテロリストの拘束▽爆発物の処理―を想定して行われた。
 3機関のほか航空会社などから合わせて100人余りと、爆発物探知犬1頭が参加。偽造パスポートで入国しようとしたテロリストの発見から爆発物の確認、旅客に紛れ込んだテロリストの逮捕、道警爆発物処理班による爆弾処理などの訓練が行われた。
 訓練の最後に高橋清孝道警本部長、佐々木大介札幌入国管理局長、宇野悦次函館税関長が講評し、水際対策の重要性をそれぞれ強調した。
 

北海道空港の岡社長続投へ

 新千歳空港ターミナルビル管理、運営の北海道空港(本社千歳市)は、22日の取締役会(東京)で、岡真則社長(69)の続投を含む取締役候補者16人を内定した。6月の株主総会後の取締役会で正式決定する。
 北海道空港は筆頭株主の道、千歳市がそれぞれ13.3%を出資する第三セクター。社長人事については道の意向が強く反映され、道特別職級の幹部が岡社長を含め3代続いている。岡社長も元出納長。ただ、任期満了に伴い、道は、道再就職要綱の年齢制限に抵触すると退任を求めていた。
 高橋はるみ知事は23日の記者会見で、岡社長の続投が確実になったことについて、「2年で退任すると判断している」とし、「道とは車の両輪なので、道と足並みをそろえていく企業であってほしい」とも述べた。
 

新国際線ビルは5月着工

 2010年3月供用予定の新千歳空港新国際線旅客ターミナルビルの建設工事の契約先が決まった。5月中旬の着工が予定されている。
 国際線ターミナルビルが建設されるのは、空港広場や観光バスなどの駐車場として活用されていた場所。鉄骨造り(一部鉄筋コンクリート)地下1階、地上4階建てで延べ床面積約6万1270平方メートル。鉄筋造り延べ床面積195平方メートルの官庁用車庫も設ける。
 ターミナルビル1階にはバス・タクシー乗降場などのサービス道路も。2階は入国検査場などの到着施設。3階は出国検査場などの出発施設で、4階は団体待合室、飲食店街。駐機スポットは大型機3カ所など6機分確保し、8基の搭乗橋を設置する。
 北海道空港によると、入札には3共同企業体が参加し、総合評価落札方式で鹿島・宮坂・荒井共同事業体が契約した。契約額は206億1000万円。
 

ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。
苫小牧民報社